Webデザイン制作会社のデザイナーがよく見るギャラリーサイト

AUTHOR tsuji

2022.11.30

こんにちは。採用広報の辻です。

今回は弊社のWebデザイナーによく見るギャラリーサイトを聞きました!
日々さまざまなデザインを生み出しているデザイナーたちは、どのようにデザインをインプットしているのでしょうか?
それではご紹介していきます。

1.GUU

https://1guu.jp/

「千載一遇、その出合いをここから」というコンセプトのギャラリーサイトです。
国内から海外まで、シンプルなサイトからインタラクティブなサイトまで、幅広く揃っています。


〈デザイナーコメント〉
サムネイルにアニメーションがついていて、一目で吸収できる情報が多い点が便利でよく見ています。

2.HOVERSTAT.ES

https://www.hoverstat.es/

個性的でデザイン性が高く、インタラクティブ表現に特化したWebサイトを掲載している海外のギャラリーサイトです。


〈デザイナーコメント〉
ホバー時にアニメーションを見ることができ、吸収できる情報が多いのと、変わったテイストのサイトが多いところがお気に入りです。引き出しを増やしたい時に見ています。

3.Bookma!

https://bookma.org/

PC・SPそれぞれの画像を横並びで見ることのできるギャラリーサイトです。
サイト上部のアイコンをクリックすると、それぞれのデバイスのみの表示に切り替えることができます。


〈デザイナーコメント〉
チョイスされたデザインが自分の好みに合っているというのもありますが、PCとSPのどちらも重視しているサイトが選ばれていて、制作中に「こうしたいけれど、レスポンスうまくできないなぁ」というような悩みの解決方法をインプットさせてもらっています。

4.UpLabs

https://www.uplabs.com/

WebサイトやアプリのUIデザインを紹介している海外のギャラリーサイトです。
更新頻度の高さが特徴で、新しいデザインサンプルが毎日追加されています。


〈デザイナーコメント〉
SNSのようなイメージで見ているのですが、世界中のいろいろな視点から、「自分はこんなことがしてみたい!」という気持ちがどんどん投稿されているので、見ていて新しい刺激を受けます。母数が多く、流れも早いので見ていて飽きません。

【番外編】
先ほどは普段からよく見るギャラリーサイトを紹介しましたが、行き詰まったときにヒントがないか見たり、流行をキャッチするときに見るサイトも聞きました!

こちらの3つです。

☆POPEYE Web

https://popeyemagazine.jp/

雑誌POPEYEのWebサイト。
ファッション、ライフスタイル、カルチャー、フード、トリップなどさまざまなコンテンツがあり、見ていて飽きません。
また毎月、執筆者がかわるコラムページもあり、さまざまなセンスに触れることができます。

☆It’s Nice That

https://www.itsnicethat.com/

イギリス発の人気のWebメディア。
ユニークで洗練されたグラフィックや写真、イラストレーション作品が多く紹介されています。

☆haconiwa

https://www.haconiwa-mag.com/design/

「世の中のクリエイティブを見つける、届ける」をコンセプトにしたWebメディア。
編集部の方々がピックアップするクリエイティブなモノ・コト・ヒトがジャンル問わず掲載されています。
最新情報や直近のイベントも知ることができ、流行をキャッチするにはもってこいのメディアです。


今回は弊社のWebデザイナーがよく見ているギャラリーサイトをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
普段から国内外問わず、さまざまデザインをインプットしているんですね。
Webデザイナーを目指している方の参考になりましたら嬉しいです。